« 祝 ちべビア 開館 | Main | BRUTUS:ダライ・ラマ特集 »

2005.03.14

ブルータス in Dharamsala/Bhutan

明日3/15発売のBRUTUS(マガジンハウス)には、「ダライ・ラマって誰ですか?」なる特集がでるようです。4月の訪日前の露払い企画でしょうか。

詳しくは、おなじみ"I Love Tibet"サイトこちらあたりを。

「ブルータス」のチベット関係モノだと、昨年8月1日号でもブータン特集がありました。
cover
 ブータンそのもの特集というよりも、むしろ最近オープンしたリゾートであるParoの「アマンコラ」のパブ記事ってところでした。

パロにできたこのホテル、1泊スイートお2人で900ドル+サービス料他289ドル!。
1泊でっせ>急に関西商人。

 てことで、アマンリゾートでは7日間7000ドルのパロ、ティンプー、プナカ、ハ(Haa)ツアーも催行。滞在費だけで、日本からブータンまでの飛行機代は入ってません。

 念のため、バンコクからParoまでDruk Air(他にないが)で片道エコノミーで360ドル。ビジネスで440ドル。

 バンコクまでは・・・・。こういうツアーする人はまかり間違ってもビーマ(政治上配慮自粛)とかパキス(外交的配慮自粛)航空の格安とかには乗らんでしょうから、後は調べてくださいな(笑)。  

 実際に泊まってる人もいるんですね。まぁ、人のことはいいか。

 「何でも、得たもので満足せよ」(ブッタの言葉)
 

|

« 祝 ちべビア 開館 | Main | BRUTUS:ダライ・ラマ特集 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブルータス in Dharamsala/Bhutan:

« 祝 ちべビア 開館 | Main | BRUTUS:ダライ・ラマ特集 »