« 今度は青海ーチベット鉄道 | Main | 祝 ちべビア 開館 »

2005.03.10

失踪日記>無理矢理チベットつながり

あー、社会人になって17年目の春が回ってくる。
「今日のしごーとはつらかったー。あとは焼酎をあおるーだけー」って歌が40年位前にあったんですね。「山谷ブルース」てんだそうですが。

私も焼酎はあおるんだけど、どうせ、つらいシゴトなら、「ここから消えたい」てのがないですかー。

で、実際に失踪体験したのが吾妻ひでおの失踪日記。漫画家で私の世代ならいささかの感慨とともに思い出すかも。
トシとともに描けなくなり、突然連載を投げて失踪でホームレス、そのあと警察に見つかってウチに連れ戻されるけど、また失踪で、たまたまガスの配管工に。その後も家に戻るけど、今度はアル中で精神病院送り。
missing
詳しくは、竹熊健太郎氏のBlogでどうぞ

これはマンガとしても完成度高く、また、スローライフというか、先行きふと行き詰ったなぁ、と考える瞬間がある世代
にも、こうすりゃ生きていけるのかとのガイドブック(>なるのか)にも。

そこまでは踏み切れない私は夏休みと正月休みに、職場には「前人未到の魔境で連絡はできませんから、あとよろしく」と言い残してチベット文化圏通いしてますが。
実際のところ、ラサあたりならネットカフェでメールチェックなんて簡単。携帯も成田空港のレンタル携帯(中国仕様の)でばっちり。

ここをみていただいている方向けには、チベットでプチからロング失踪したい方への時間つぶしカイド。

ラサからカイラス徒歩:ドイツだかのカメラマンの実体験聞き取り(>そういうのがいた) 歩いて3ヶ月 

カムからカイラス五体投地:ラサで親戚のおじさんがとかで聞いたところでは五体投地で3年

そして、もっと長いところでは、

現世から悟りの境地:98年のダライ・ラマ東京講演での私のメモと記憶で。 
そこに至る簡単で安直(Cheap)な方法があるんでしょ、教えてくださいなんてことをよく聞かれるが、そんなものはない。自分はそんな質問を聞くのはもう沢山だ(I am fed up with this kind of question)!
悟りへの道は簡単ではなく、輪廻を数回経てもたどり着けるか判らない。

>やっぱりラクな道ってのはないんですね。自分が頼りってことで。

|

« 今度は青海ーチベット鉄道 | Main | 祝 ちべビア 開館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 失踪日記>無理矢理チベットつながり:

« 今度は青海ーチベット鉄道 | Main | 祝 ちべビア 開館 »