« ちべビア:マンガ編その2 | Main | 名古屋チベット寺院報道(その2) »

2005.03.19

名古屋チベット寺院記事(読売)

これまで各所で話題の名古屋のチベット寺院について、読売新聞の中部Verで記事がでました。こちらで。

すでに、長田さんの「チベット式」で指摘があるように、「ポタラ宮殿」の中には「大昭寺」はありません。全く別の場所。

あえていえば、記事の中にある「世界遺産」に着目すれば、世界遺産としての認定は「ポタラ宮の歴史地区群」(Historic Ensemble of the Potala Palace,Lhasa)で、その「地域群」のところでジョカン(大昭寺)とノルブリンカが含まれるということで。

ま、明らかな間違いだけど、多分訂正は出ないだろうなぁ。

ポタラの中にある寺院といえば、ナムギャル寺院で、第3世ダライ・ラマによりデプン寺に当初置かれたものがポタラに移転。現在はダラムサラに移転。写真はここから拾いました。
monastic_education

あと、「日本初のチベット仏教僧院」は、広島の文殊院が名乗りを既に挙げているところ。

いずれにせよ、時として誤解されることもあるチベット仏教の正しい姿を、是非名古屋で広げていっていただきたいものです。

【注記】3/20に世界遺産の記述を一部修正しました。

|

« ちべビア:マンガ編その2 | Main | 名古屋チベット寺院報道(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋チベット寺院記事(読売):

« ちべビア:マンガ編その2 | Main | 名古屋チベット寺院報道(その2) »