« ちべものTV(今日です) | Main | 新刊:週刊中国悠遊紀行 シャングリラ »

2005.04.24

脱線:ダライ・ラマ法王訪日

そういえば、ダライ・ラマ法王が訪日された4月8日ですが、帰宅してふとテレビをつけると、日本テレビで、スティーブン・セガールの「沈黙の戦艦」が放映されてました。

セガールといえば、チベット裏もの的には、97年にニンマ派のテルトン(埋蔵経発掘者)の転生者として認定されたてのがあります。

steven

映画の中では殺生、女犯など、破戒しまくりで、とてもそんな風には見えないんですが、まぁ、人生色々あるんでしょう。

最近のセガール・リンポチェの活動はうらるんたさんの「ちべログ」でも紹介されてます。記事はここ

しかし、ここでセガール・リンポチェの映画をダライ・ラマ法王訪日の夜にあわせての放映とは、密かな陰謀のメッセージなんでしょうか。

1)中国の眼を盗んでの密かな支援のメッセージ、か、
2)チベット仏教信者てのもこんなことやってんだぜという逆宣伝
のどっちでしょうか。

正解は中道
3)何も考えてない。単なる偶然
なんでしょうけど。

写真は、ラサのバルコルを訪問したセガール。

|

« ちべものTV(今日です) | Main | 新刊:週刊中国悠遊紀行 シャングリラ »

Comments

 はじめまして。
じつは、本当に冗談ではなく、今回のある講演会場で、
「あ、スティーブン・セガールに似てるっ」と思った、とても長身の人を見かけました。
しかも3回も…。一緒に行った人も、似てるなぁといってました。
でもまさか、あの俳優さんがダライ・ラマのファンなんてことはねー、と思ってたんですが…。

全身、黒い皮の服っぽいものを着て、物腰もとても優雅でした。

それに、レディー・ファースト!…どんな仕事してるんだろう、というぐらいの、ゆったりした歩き方、それにふわっとした笑顔が自然でした。
…もしや??
もしかして、あれは本人だったかも…(汗)。
今、一番私が驚いてます。

Posted by: りん | 2005.04.24 09:33 PM

セガールといえば、チベット裏もの的には、99年にニンマ派のテルトン(埋蔵経発掘者)の転生者として認定された>

にわかには信じがたいが、彼はどの程度の悟境なのか興味あります。何か精神世界的逸話はないんでしょうかね。

Posted by: 湖南 | 2005.04.26 05:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脱線:ダライ・ラマ法王訪日:

» チベット暴動で仏教徒行進in広島 [好き。]
「チベットの仏教徒への弾圧に対して、なぜ日本の仏教徒は声をあげないのか」といった [Read More]

Tracked on 2008.03.27 01:41 PM

« ちべものTV(今日です) | Main | 新刊:週刊中国悠遊紀行 シャングリラ »