« 報道:ダライ・ラマ法王の動静 | Main | 報道:ダライ・ラマ法王熊本日程 »

2005.04.11

ダライ・ラマ講演会(雑記)

ダライ・ラマ法王東京講演会のご紹介続き。

○講演の最後の最後には、法王から
「私のこれまでの話が自分の役に立つというなら、それを心に留めて発展させていってほしい。もし意味がないと考えるなら忘れていただいて結構(No Problem)です。」といわれて締めでした。

そういえば、チベットの大叙事詩「ケサル大王伝」もそういう終わり方するんでしたっけ?

○質疑応答の際もこれを機会にというんで、質問したい人が多数。「お願いしまーす」とか「Question, Please!」とか、目立とうと扇子開いて飛び上がってる人もいたりとか、英語で「ナントかナントカについてどう思いますかー」(よく聞き取れなかった)と当てられもしないのに叫ぶ人もいて、司会の木内みどりさんも必死で仕切ってました。

質問の内容もご紹介したとおり、結構深刻というか誠実というか、なものでした。

数年前の講演会では「UFOや地球外生命体が存在すると思いますか」とか聞いた猛者もいたものですが。
ダライ・ラマ法王の回答は「認識は有限であるから、そういうものが存在しないと断言はできない」とかいうものでした。さすがに、こういうのも相手にしなきゃいけないんじゃ、ダライ・ラマ法王もタイヘンだと思ったものでした。

○舞台の上は大タンカがかけられ、茶色のソファにダライ・ラマ法王はゆったりと座って講演されました。
壇上は、通訳のマリア・リンチェンさん、ダライ・ラマ日本代表部事務所の方に加え、ダラムサラの亡命政府からも登壇されており、彼はダライ・ラマ法王の個人秘書官Tenzin Geyche Tethong氏とのことだそうです。名門貴族の出身で、長きに渡りダライ・ラマ法王の秘書官を献身的に務めた方だそうで、ダラムサラでは絶大な力があるんだそうです。

写真は講演後の舞台。携帯のカメラで撮ったんですが、暗くてイマイチですlec

|

« 報道:ダライ・ラマ法王の動静 | Main | 報道:ダライ・ラマ法王熊本日程 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダライ・ラマ講演会(雑記):

« 報道:ダライ・ラマ法王の動静 | Main | 報道:ダライ・ラマ法王熊本日程 »