« 当面のちべもの番組 | Main | 報告:展覧会「曼荼羅の世界」 »

2005.05.30

報告:「チベット旅行入門」

5月28日(土)に、風の旅行社主催の長田幸康さん飯田泰也さんの「チベット旅行入門」の講演会に行きました。

東京のお台場の国際展示場が会場でした。バカでかい建物でした。

長田幸康さんの講演は、さすが手練れのワザというか、これまでのチベット旅行歴を基にしたチベットの風景や人との出会いをスライドを交えて淡々と紹介していくというものでした。

といってもよく判らんでしょうから(笑)、長田さんサイトに掲載されているのでは、ラサのとげ抜き地蔵とか、最近できたファストフード店とか、あとはナムツォの紹介がありました。

飯田さんの講演はチベット仏教についてということで、「オムマニペメフム」の真言の意味とかチベット人にとっての巡礼の意味とかでしたが、時間切れで予定した分のかなりを紹介できなかったということで内容は今後ホームページに掲載するとのことでした。

会場は50人以上は入る会議室でしたが、満員でした。

で、立派な講演会でしたが、ひとつ気づいたことを。
風の旅行社のスタッフの方が司会を務めておられましたが、その方はチベット仏教の僧侶の衣装を着て司会をしてました。

チベットの雰囲気を出すためのコスプレだと思うけど、本来出家していない人が僧衣を着ること(=僧侶のマネをすること)はどうかなぁ、と。

ゲシェー・ラプテン「チベットの僧院生活」(平川出版社)によれば、僧侶の衣服は全てに輪廻の苦しみの止滅と涅槃の喜びを求めるという仏教的な意味合いがあるとのことで、僧衣を着ることでその意味を理解していくことも求められているんだとか。単にカッコの問題じゃないってことですね。

ま、戦前には出家していないのに僧侶と偽ってチベットに潜入した西川一三氏(参照:秘境西域八年の潜行 抄)のような例もありますが。

|

« 当面のちべもの番組 | Main | 報告:展覧会「曼荼羅の世界」 »

Comments

僧衣ではないんですが、私の服ってやたらと黄色やオレンジが多いんですよ~^^;
で、ダラムサラで法王様のティーチングを受けたとき、
マリア・リンチェンさんに「なんで高貴な方の色ばかり着るの(笑)?」
と注意(?)されちゃいました^^;
単に好きだから&幼稚園カラー(目立つ→迷子になってもガイドが見つけてくれる!?)
という理由だったんですけど、
そーゆーコトも気をつけるべきなのかしら?(苦笑)

Posted by: さちらも | 2005.06.01 10:43 PM

私もチベット入門行きました。なかなか興味深かったです。

で、話題となった風の旅行社のスタッフの僧侶の衣装、成都のチベット人街で購入したものです。私もそのお店に一緒にいました。僧侶の服などを専門に扱っているお店があって、そこでなんとなくみんなで見ていたら、なんとホンモノのリンボチェがお店にやってきました。で、こういう衣装は僧侶じゃない人が着ても問題ないの?って質問したら、よいよと答えてくれて、あれの方がよいんでない?と一緒に選んでくれて、着方を教えてもらったのでした。

というわけで、あの僧衣はリンボチェのお墨付です!?なかなかシャレの効いた素敵な方でした。でもやっぱり店員さんはじめ周りの方々が敬っている感じがしました。外国人観光客だから気軽にお話できたのかな?いい訳ではないですが、一応そんなこんなということで・・・。

Posted by: Q | 2005.06.09 11:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 報告:「チベット旅行入門」:

» チベット満喫イベント [あほケツな日々]
6月11日に風の旅行社主催で東京に引き続き大阪でもチベット関係の講演がありました [Read More]

Tracked on 2005.06.16 12:49 AM

« 当面のちべもの番組 | Main | 報告:展覧会「曼荼羅の世界」 »