« チベットは電気マニ車の夢をみるか | Main | 記事:ブータン仏教から見た日本仏教 »

2005.09.01

報道:チベット自治区40周年

毎日新聞サイトから

チベット:成立40周年 中国、ダライ・ラマの批判控える

 【北京・飯田和郎】中国のチベット自治区が成立して1日、40周年を迎えた。区都ラサで2万人が参加し記念式典が開催され、賈慶林全国人民政治協商会議主席が40年間の経済発展の成果を強調した。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(70)は、インド北部で亡命を続けるが、中国当局は14世のチベット帰還に向けた交渉を続けていることもあり、表立った14世批判を控えた。

続きは こちら

過去の自治区成立記念式典での北京派遣の中央代表団について、新華社での報道をみると

今回は賈慶林・中国政治協商会議主席が中央代表団長。共産党では政治局常務委員で序列4位。

10年前の1995年の30周年では呉邦国副総理が団長。当時はまだ政治局員。

20年前の1985年の20周年では胡啓立・共産党中央書記処書記が団長。政治局員。
このときには全国人民代表大会の副委員長として先代パンチェン・ラマも団員として同行。

30年前の1975年の10周年では団長の記述なし。別のサイトの記録では、華国鋒副総理だったそうですが。何で消した?89年6月の天安門事件で失脚した胡啓立は残っているのに。

40年前の1965年の成立記念式典では十大元帥の一人、陳毅副総理が団長。

だから何なんだというトリビアでした。

|

« チベットは電気マニ車の夢をみるか | Main | 記事:ブータン仏教から見た日本仏教 »

Comments

これまでの中央代表団団長の中で、今回の賈慶林がいちばんランクが高いってこですね。それだけ「中国のチベット」を強くアピールしたいっていう意気込みの表れでしょうか。

胡啓立は天安門事件で一旦失脚した後、電子工業部長としてプチ復活したのでセーフなのかも。それでも華国峰だけ出てないのはおかしいですよね。彼も確か15期までは中央委員だったような気がしますし。

あと、85年の代表団の副団長で李鵬が出ていますが、さすが20年前だけあって若いですよねー。

Posted by: ryohei@iTibet | 2005.09.01 10:37 PM

一応常務委員出したてのは初めてというところで。
80年代以前だとみんな中山服てのも素直に感動するところですね。

Posted by: ちべ者(管理人) | 2005.09.02 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 報道:チベット自治区40周年:

« チベットは電気マニ車の夢をみるか | Main | 記事:ブータン仏教から見た日本仏教 »