« 報道:チベット自治区40周年 | Main | 雲南省チベットエリアから松茸 »

2005.09.05

記事:ブータン仏教から見た日本仏教

7月13日にここのサイトでご紹介した今枝由郎著「ブータン仏教から見た日本仏教」(NHKブックス)についてです。

9月4日の毎日新聞で養老孟司先生の書評が出てました。
冒頭は、

◇この国に欠けた普遍性を求めて

 この本の表題だけを見ると、ずいぶん特殊な話題を扱っていると思うかもしれない。

 ブータンはヒマラヤの南面にある、四国と九州を合わせたほどの小さな国で、人口は七十万あまりだという。仏教は盛んで、高僧がしばしば「生まれ変わる」、チベット仏教の国である。

 そういう仏教から見た日本仏教というのは、ずいぶん変わった、限定された特殊な話じゃないか。そうではない。じつはこの本は、真の仏教とはなにか、それを生涯賭けて追求した著者の自伝であるとともに、現代日本仏教批判でもある。

続きは こちら

|

« 報道:チベット自治区40周年 | Main | 雲南省チベットエリアから松茸 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記事:ブータン仏教から見た日本仏教:

« 報道:チベット自治区40周年 | Main | 雲南省チベットエリアから松茸 »