« 中国でのネット規制 | Main | 記事:パンチェン・ラマ10世の娘へのインタビュー »

2005.11.14

こんどは英国のチャールズ皇太子

11月11日にはアメリカのブッシュ大統領とダライ・ラマ法王の会見を記事にしました。
で、今後は英国。

11月14日の各紙で「チャールズ皇太子日誌で中国批判」というのが出てました。
たとえばスポニチの記事はこちら

でも、この記事は肝心なところがカットされてるようです。
私がNIFTYのニュースクリッピングでGetしたモト記事(共同通信配信)には、

中国外交官は「ろう人形」 英皇太子、日誌につづる

共同通信ニュース速報

 【ロンドン13日共同】13日付の英大衆紙メール・オン・サン
デーは、チャールズ皇太子が1997年の香港返還式典で会った中
国外交官について、個人的な日誌に「ぞっとする古いろう人形のよ
うだった」などと表現していたと報じた。
 当時の江沢民・国家主席を批判した記述もあり、同紙は中国との
外交問題に発展する可能性もあると指摘している。
 日誌は皇太子が定期的に書き、友人や親せきなどに配布している
という。PA通信によると、皇太子公邸クラレンスハウスは「誰か
が違法な手段で入手したことは明らか」で、同紙に対する法的手段
を「真剣に検討する」としている。
 皇太子は「香港返還」と題した記述で、式典の様子について「ひ
ざを曲げずに足を伸ばす歩調の兵士がばかげた煩雑な行事を行い、
すさまじいソ連スタイルだった」と指摘。江主席についても「ある
種のプロパガンダ演説をして、忠実な中国共産党員が大声で喝采
(かっさい)を送った」と記した。
 チャールズ皇太子は、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の支持者だという
                          
と、なかなかアジのある終わり方になってます。
何でスポニチは最後の2行を消したのか!

ここがおいしいところなのに、と言ってもしゃーないか。

てことで、調べてみたら、英国のチャールズ皇太子とダライ・ラマ法王は最近では2004年5月にロンドンで会見してます。

これに関してのBBCの記事で、皇太子の報道官の説明では、
・精神的指導者(ダライ・ラマ法王のこと)に対する皇太子の支持はよく知られている。
・何年もの間、皇太子はチベットの人々の状況について懸念を抱いており、まだ、ダライ・ラマの平和的解決に向けた努力に対しても感銘を受けている。

なお、チャールズ皇太子がダライ・ラマ法王と会見するのはこの時で3回目。

記事はこちら(英語)。
どうも、前の奥さんとのこともあって、人気はイマいちなんですが、こういうところもあったのかと、見直しました。

ま、エラそうに言うことじゃないんでしょうけど。

|

« 中国でのネット規制 | Main | 記事:パンチェン・ラマ10世の娘へのインタビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こんどは英国のチャールズ皇太子:

« 中国でのネット規制 | Main | 記事:パンチェン・ラマ10世の娘へのインタビュー »